共働き夫婦だと仕事の辛さが軽減される1つのポイント

  • カテゴリ:家計
  • 投稿日:
  • 最終更新日:

タグ:

  • ・#社会人を生き抜く!意外な小ワザ

この記事は約2分で読めます。

共働きで仕事が辛い

【1つのポイント】仕事の辛さを共感できるか?できないか?

まず、仕事の辛さを軽減できるのは、片方だけ働いている環境よりも、共働きの環境の方だと思います。
これはなぜかというと、相手の仕事の話が自分の現在進行形でしている仕事に共通項を考えることができ、それによって共感ができやすくなるからです。
やはり、お互い仕事をしながら家事や子育てをしていると思うので共感されやすいと考えます。

逆に相手が仕事をしてない環境だと、現在進行で働いてない方は日常的にフォーカスされるのが、働いている方と違うことによって、相手の仕事の話など受け止め方が違い、あまり本腰で話を聞いてくれない場合があります。

仕事の辛さを共感できるとできないとでは、日々の仕事に対してのモチベーションも変わってくるので、共働きの環境では仕事の辛さが相手が共感できると軽減されてくるのだと思います。

家族3人、お風呂で仕事の愚痴

試してもらいたいのがお風呂のコミュニケーション。
シチュエーションとして仕事の愚痴などを聞いたり、話たりするのはお風呂タイムが良いと思います。
管理人の経験上の話ですが、お風呂タイムは区切るタイミングがあります。

相手が体を洗っている時や、子供とお風呂遊びしている時、子供が出るのを受け止めるため先に相手がお風呂からでる時、これらのタイミングで話が一旦区切れることによって、仕事の愚痴話が途切れある程度、愚痴話の落ちどころがつくことによって相手も満足するところが良いと思います。

共働きで片方が仕事を辞めたい場合

共働きだと片方が仕事を辞めても、働いてる方の収入があり一ヶ月ぐらいは転職する期間があると思います。
しかし、共働きで片方が仕事を辞めるのはあまりおすすめできません。

ただでさえ、暗黙の了解で仕事をしているからこそできていたことが、仕事を辞めることによってできなくなる可能性があります。
また、今の世の中稼げる時に稼ぐのが大切だと考えます。

未来の年金などの受け取りなどのことを考えると、仕事を辞めずに共働きは継続して稼ぎ続けた方が良いともいます。
こんなことを言いつつも、管理人は自身の経験上、どうしても仕事ができない状況を経験しています。そういう時は仕事を辞めないと本当に体を壊してしまいます。
体を壊すのと天秤にかけるのが難しいところです。

[getCategoryArticle num="3" cat="59"]

関連記事-あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します

このサイト「生活ワザLOG」の管理人

  • ワザ夫
  • 趣味→WEB制作・音楽・フェス・キャンプ・アウトドア

昭和50年台生まれ。現在、共働き家庭で子育て中です。
妻は30代の営業マン、子供は保育園に通っている2017年生まれの男の子。

仕事は様々なバイトをしたのちに、WEB業界で10年ちょい働いており、主にWordPressを含んだコーディング業務を長い間しておりました。

現在はとある不動産会社でWEBの担当者

最近、「WEB解析士」という資格を取りました。
https://www.waca.associates/jp/wac/about/
現在無料でサイト制作を請け負います。
詳しくはコチラ

ワザ夫 Twitterの画像 facebookの画像 RSSの画像