【節約】図書館で本を借りる。読みたい本の管理方法も

  • カテゴリ:家計
  • 投稿日:
  • 最終更新日:

タグ:

  • ・#実体験
  • ・#時短テク~時間が欲しい~
  • ・#社会人を生き抜く!意外な小ワザ

この記事は約3分で読めます。

【節約】図書館で本を借りる。読みたい本の管理方法も

なんだかんだ本代は家計を圧迫します。アマゾンとかで買う時はやはり古本が安いので、バンバン買ってしまいクレジットカードの詳細を見てビックリするみたいな。。

そんな管理人が本にはまり図書館にはまったのは、社会人になってからでした。
それまで読書という読書は学校でしかしてなかったと思いますね。

管理人は本が好きなのですが、ここまで本にはまるとは思ってもなかったんですねー。
その過程で、どうやったら効率的に図書館で自分の読みたい本を借りることができて、本代(書籍代)の節約になるか考えた記事です。
管理人が本(書籍)を効率的に図書館で借りて、本代や書籍代のお金の節約を試みてみようって話しです!

アマゾンの「欲しいものリスト」に欲しい本をぶっこむ

最初に、アマゾンの「欲しいものリスト」の機能を使って、ここに欲しい本のリストを作成しちゃいましょう。
「欲しいものリスト」には、自身が本の紹介サイトや、友達に教えてもらった本などをアマゾンで調べて、ほしいなと思った本を「欲しいものリスト」にぶっこみます!

図書館の検索システムを利用して「図書館を使いこなす」

図書館で本を借りるのはメリットしかありません。
WEBとかの本の紹介で知った本はとりあえずかったぱしから、図書館でのサイトで検索してみましょう!

自身が住んでいる最寄りの図書館はどこでしょうか?
そこで、とりあえず図書館を利用するために必要な「利用カード」を作ってもらいましょう。

この利用カードは後で図書館のサイトに入るために必要な情報が記載されています。この情報で図書館のサイトにログインします。

横断的に図書館から本を探す

図書館のサイトには通常、本を検索できるシステムが入っていると思います。
それを利用して、アマゾンの欲しいものリストから、お目当ての本をさがしていくわけです。
「新着書籍のご案内」や「本のジャンル別」などで検索してみると、新しい本との素晴らしい出会いができるかもしれませんね。※管理人は結構好きでよくこの機能を使ってます。

それで、1区や1市の範囲では欲しい、読みたい本が見つからない場合もでてくると思います。
そこで「カリール」https://calil.jp/というサイトを使って横断的に違う区や市の図書館の中から欲しい、読みたい本を簡単に探していく感じです。

区内の図書館ではどうしても見つからない本がある

その場合、違う近隣の区や市の図書館サイトを見てみましょう。

たまに、区外の人でも借りられる図書館があります。

東京都の方でしたら、下記のサイトの情報が参考になります。
「東京23区の区立図書館はけっこう誰でも借りられる」
http://d.hatena.ne.jp/mohri/20090712/1247421703

東京都の場合ですが、こちらで他の区の図書館の利用できる人の範囲がまとまって記載されています。
驚いたことに、この中には都民だったらどこの区に住んでても借りられる図書館があります。
これはかなりの本代や書籍代の節約につながってくるんじゃないのかなーって思います。

最終的に本は買っちゃいましょう

やはり、図書館で借りて読んだ面白い本やためになる本は家にずっと置いておきたいもの。
本当にほしいと思った本はもったいないとお金をケチらずに買ってしまいましょう。
管理人の場合はすこしコレクション欲みたいのがでてしまって、本来の目的ではない本とか買ってしまう傾向にありますが。。(笑)
まあ、図書館で借りて読んで、管理人がこの本は家に一冊って思う、最終的に買ったりしちゃってますけどね!

[getCategoryArticle num="3" cat="59"]

関連記事-あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します

このサイト「生活ワザLOG」の管理人

  • ワザ夫
  • 趣味→WEB制作・音楽・フェス・キャンプ・アウトドア

昭和50年台生まれ。現在、共働き家庭で子育て中です。
妻は30代の営業マン、子供は保育園に通っている2017年生まれの男の子。

仕事は様々なバイトをしたのちに、WEB業界で10年ちょい働いており、主にWordPressを含んだコーディング業務を長い間しておりました。

現在はとある不動産会社でWEBの担当者

最近、「WEB解析士」という資格を取りました。
https://www.waca.associates/jp/wac/about/
現在無料でサイト制作を請け負います。
詳しくはコチラ

ワザ夫 Twitterの画像 facebookの画像 RSSの画像