共働き夫婦の洗濯効率化【実践編】

  • カテゴリ:家事
  • 投稿日:
  • 最終更新日:

タグ:

  • ・#ストレス・フリーに近づく小ネタ
  • ・#時短テク~時間が欲しい~

この記事は約4分で読めます。

共働き夫婦の洗濯効率化【実践編】

共働きになると、今の時代は妻だけに家事をやらせるっていうことは、少なくなってきてるんじゃないのかな?と思います。
共働きなんだから、夫婦二人で日々の家事をストレスなく過ごせていけたらいいな、と思っています。

そこで今回は実践している、毎日行う洗濯の効率化をご紹介いたします。
これから紹介することをやると、夫婦の仲も更によくなっていくかもしれないですね。

洗濯する時間

皆さんいつも何時頃洗濯していますか?
ほとんどの方は、朝洗濯していると思いますが、うちの場合は、夜に洗濯しています。

具体的に言うと、夜にわたくし夫がお風呂から出て、そのまま洗濯機を回し洗濯機が回し終わったら、干していきます。
夜中、部屋干しで干しているのですが、朝が来たら部屋干しから外干しに変えます。

そして、夜に妻が帰ってき外に干されている洗濯物を取り込むといった流れになります。
これは、妻と夫の洗濯の作業を分担させた結果になります。

毎日洗濯してますか?

洗濯って毎日しないといけない!と、思っていませんか?
その思いが、そもそものストレスになったりして、強迫概念じゃないですけど、自分自身を知らず知らずに苦しめているかもしれません。

何々をしないといけないとかしなくちゃいけないっていう気持ちは手放して、いった方が日々楽だと思います。
うちの場合、妻もわたくし夫も元々、様々なことに無頓着な方ですが、洗濯にも言えます。

基本的に毎日洗濯するのですが、二人とも疲れている時、次の日が大雨なときなどがわかっている時、何か行事がある時、忙しい時、諸々そういう時は洗濯はしません。
洗濯をしないという判断も持つと日々のストレスが減る気がします。

共働きの冬の場合の洗濯方法

冬の場合、洗濯物は乾きづらいです。
うちの場合、冬の洗濯物を早く乾かすために、そもそもの物干しハンガー(ピンチハンガー)の位置を調整したり、洋服の間隔を離したり広げたりしています。

また、そもそも夜からうちの場合は洗濯を始めるので、干している時間が朝から洗濯物を始める家庭よりも長くなります。
夜に洗濯物を干して朝になると、外に洗濯物を移動しますので、夜干している分、干し時間がプラスされるので冬でも洗濯物が乾きやすい状態です。
これおすすめします。

共働き環境の洗濯の仕方(お風呂の水編)

この洗濯のコツは、皆さんにぜひ試していただきたいコツです。
様々な洗剤が、市場に出回っていますが皆さんはどういった洗剤を使ってますか?

洗剤を選ぶポイントに、やはり生乾き臭がしなくなるというのが入っていると思います。
しかし洗剤を使っていても生乾き臭が出てしまう場合があります。

そんな時、通常洗濯機には蛇口から出る水を使っているのですが、お風呂の水をポンプで汲み上げて使える洗濯機もあります。
こちらの洗濯機で、お風呂の温かい水を使うことによって、生乾き臭が全くしなくなりました。

わたくし夫も妻もびっくりしました。
生乾き臭でお困りの方は是非洗濯機に使う水をお風呂のあたたかな水に変えて、洗濯をしてみてください。
いつもしていた生乾き臭がなくなります。
プラスで、お風呂の水を使うことによって水道代の節約になるので家計にも助かります。

扇風機と除湿機の利用

洗濯物が乾かない場合、扇風機や除湿機の利用もお勧めします。
特に冬の場合乾かないので、家では暖房のエアコンをかけながら、扇風機で温風を洗濯物に当てるようにしています。

どこに洗濯物を干す?(干す場所)

どこに洗濯物を干してますか?
乾きやすさから考えると、洗濯物を干す場所も重要なのではないでしょうか?
朝起きて、洗濯機を回して、洗濯物を干す場合もちろん、日当たりの良い場所に干すと思います。

しかし、うちの場合だと夜に洗濯機を回して洗濯を進めるので、洗濯物を干している場所は朝日が出てきた時に当たりやすい場所に干しています。
もしくは、エアコンなどをつけている時は、エアコンの風が当たるような場所に洗濯物を干しています。

干す場所によって洗濯の時短にもつながり、洋服の生乾き臭やまだ乾いてないっていう問題も防ぐことができます。

室内に部屋干し

うちの場合、夜に洗濯をスタートし夜のベランダの外には洗濯物を干したくはないので、基本的には夜は部屋干しになります。
部屋干しにしていい部分は、必然的に乾いてない洗濯物を夜部屋干ししているので、湿気が部屋に充満し、あまり乾燥した部屋の環境になりません。

なので、乾燥した部屋に、ありがちな弊害はあまり起きません。
例えば、喉を乾いて咳が出てしまう肌が乾燥してザラザラになってしまうなどを、防ぐことができます。
これが部屋干しでいうところの、メリットのなのではないでしょうか。

洗濯物をたたむ?たたまない?

洗濯物は、基本的にたたむのですが、一部畳まないものもあります。
これは、洗濯の取り込みのタイミングで、その後にわたくし夫の洋服や下着、子供の洋服や下着、妻の洋服や下着がすぐに使われることがあるかないかによって、洗濯物を畳んだり畳まなかったりします。

要するに、その後すぐに使うものは洗濯物を畳まずに、ポイとソファーの上などに置いておきます。
そうすることによって、すぐに使うものは畳む必要がなくなり、洗濯物を取り込む際の時短につながっていくのではないでしょうか。

共働きだと洗濯はドラム式や乾燥機を使いたい!

洗濯機は、何を使っていますか?
浴室乾燥もできたら更にベストだと思います。
家では普通の洗濯機通常の洗濯機能に加え空気乾燥ができる洗濯機を使っています本当は乾燥機付きのドラム式洗濯機が欲しいですやはり洗濯物を干したりする手間を考えると、こういった家電があったらさらに時短ができんじゃないのかなと、考えてしまいます。

最終的にはドラム式が欲しいなあと思う次第です。

 

あまり万人に受けない細かな時短テクだったと思いますが何か生活のヒントになればいいんじゃないかなと思います。

[getCategoryArticle num="3" cat="58"]

関連記事-あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します

このサイト「生活ワザLOG」の管理人

  • ワザ夫
  • 趣味→WEB制作・音楽・フェス・キャンプ・アウトドア

昭和50年台生まれ。現在、共働き家庭で子育て中です。
妻は30代の営業マン、子供は保育園に通っている2017年生まれの男の子。

仕事は様々なバイトをしたのちに、WEB業界で10年ちょい働いており、主にWordPressを含んだコーディング業務を長い間しておりました。

現在はとある不動産会社でWEBの担当者

最近、「WEB解析士」という資格を取りました。
https://www.waca.associates/jp/wac/about/
現在無料でサイト制作を請け負います。
詳しくはコチラ

ワザ夫 Twitterの画像 facebookの画像 RSSの画像