仕事のミスがミスを呼ばないように、必ずしたい1つの事

  • カテゴリ:仕事とツール
  • 投稿日:
  • 最終更新日:

タグ:

  • ・#30代後半からの健康管理
  • ・#ストレス・フリーに近づく小ネタ
  • ・#実体験
  • ・#社会人を生き抜く!意外な小ワザ

この記事は約2分で読めます。

だいたいの人は仕事が忙しい時にミスをしてしまうのではないでしょうか?

例えば、作業的なタスクに取り掛かっている時、電話が鳴り、電話の内容の担当者に伝言を頼まれ、電話を切った瞬間、上司に呼ばれて次回のミーティングの資料を作ってほしいとの事、
その間に自分宛の電話がかかってきてたようで、自席にはメモ書きが、、
しかも、すぐに対応をせまる内容のメモ書き、、

こんにちは!【生活ワザLOG】のワザ夫(わざお)です。
ワザ夫のTwitterアカウントはコチラ

ここまで、矢継ぎ早にタスクが発生すると、最初の電話の取り次ぎ伝言は忘れてしまうというミスをする管理人です(笑)

【結論】一回目のミスでまず深呼吸

仕事のミスがミスを読んでしまう前にしときたいことは、唯一つ「深呼吸」です。

ミスをする前に無意識的にも「イライラ」しているのではないでしょうか?
その「イライラ」をなくすためにも深呼吸。

仕事中にミスしたことを思い出してしまったら、、その時もすぐに「深呼吸」
仕事のミスをした後は、何はともあれ深呼吸です。
本気反省はその後にしましょう。

ミスした後の深呼吸のポイント

普通に深呼吸するのでも良いと思うのですが、管理人が思うポイントはこれです。

  • ため息混じりの深呼吸をしてみる
    そのまま(笑)息を吐くときにおもいっきりため息するように吐いて、普通に吸い込む
  • 思いついたら深呼吸
  • とりあえず思いっきり吸って、思いっきり吐く
  • 吐く時はお腹の空気を全部吐き切る勢いで
  • 吐く時に、嫌な気持ちやストレスなどを吐く息に乗せて吐く

ミスをしたらミスの空気が流れる

あの独特の空気感、職場で感じたことはありませんか?
管理人が敏感なだけかミスの空気感を感じます(笑)

特に重要なみんなが関わるような事柄のミスで全体の空気感は変わります。

この空気感はなかなか良く変えることは難しいのですが、、できるなら、その後の仕事はもうしないといった大きなインパクトがある事ではないと難しい部分です。

今回、仕事のミスの後には深呼吸をおすすめしましたが、深呼吸はなんにでも応用できます。

イライラした時はもちろんのこと、ここぞときの気合の深呼吸や大自然の中でする深呼吸などもおすすめです。

[getCategoryArticle num="3" cat="54"]

関連記事-あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します

このサイト「生活ワザLOG」の管理人

  • ワザ夫
  • 趣味→WEB制作・音楽・フェス・キャンプ・アウトドア

昭和50年台生まれ。現在、共働き家庭で子育て中です。
妻は30代の営業マン、子供は保育園に通っている2017年生まれの男の子。

仕事は様々なバイトをしたのちに、WEB業界で10年ちょい働いており、主にWordPressを含んだコーディング業務を長い間しておりました。

現在はとある不動産会社でWEBの担当者

最近、「WEB解析士」という資格を取りました。
https://www.waca.associates/jp/wac/about/
現在無料でサイト制作を請け負います。
詳しくはコチラ

ワザ夫 Twitterの画像 facebookの画像 RSSの画像