PCメガネを使わずにブルーライトをカットする方法

  • カテゴリ:仕事とツール
  • 投稿日:
  • 最終更新日:

タグ:

  • ・#30代後半からの健康管理
  • ・#実体験

この記事は約3分で読めます。

PCメガネを使わずにブルーライトをカットする方法

管理人は一日の半分はPCの前にいる仕事と趣味を持っています。
なので、人生の大半の時間をPCの前で過ごしていることにもなるので、目の疲れがでてきらりするんですよね、、若い時はいいけど、歳を徐々に重ねていくにつれてね、、(笑)
そこで、管理人が試行錯誤の上たどり着いたPCメガネを使わずにブルーライトをカットする方法を記事にしたいと思います。

ディスプレイ・モニターの設定で目の疲れを軽減

これでも十分に目が疲れなくなります。
調整方法としましてはディスプレイ・モニターの電源ボタン付近に他のボタンがあると思います。
こちらを、操作しまして、ディスプレイ・モニターの輝度やコントラストを調整してみましょう。
とりあえず、明るすぎると目がやられるのは容易に想像ができるので、少し暗めや部屋の明るさと同じぐらいに調整するのが良いと思います。

ディスプレイ・モニターの調整をしてから、下記のPCメガネとか試したほうが良いかもしれないですね。

PCメガネ(ブルーライトカットメガネ)の効果

PCメガネは目の疲れに効果はあるが、、

PCメガネはもちろんブルーライトをカットしてくれます。
管理人は一年ぐらいPCメガネを使っていました。しかも一年ぐらいのうちに3回PCメガネを変えています。
普段メガネの方は良いと思うのですが、、
デメリット的な部分もあるのです。

目が凝ってきたり、肩こりや頭痛の原因になってくる

普段からメガネじゃない方は、メガネになれないといけないといった部分で、肩こりや頭痛がでてくる可能性があります。自分がそうでした。

不思議とPCメガネをはずすと肩こりや頭痛がよくなるんですよね。
これは管理人が考えるに、PCメガネを支える耳の部分や鼻の頭の部分に負担がでて、肩こりや頭痛になったりするんじゃないのかな?

目が凝ったりするのは、単純にPCメガネを通した視界に目が慣れてないのかな?と思います。

PCメガネをしたのに、他の部分に悪い影響がでてしまったら元も子もないですね!

なので、下記にあるPCメガネをかけずとも、ブルーライトをカットしてくれる無料のソフトを使用してみてはいかがでしょうか?

PCのブルーライトをカットしてくれる無料ソフトを使う

ズバリ!これは、、

デザインを仕事にしている人にはオススメはできません

なぜかというと、デザインをしている人にとって色が命なんです。
その色が、ブルーライトカットのソフトを使うことによって変化してしまうのです。
WEBのお仕事など経験した方はわかると思うのですが、デザインの色の調整でかなり時間を費やします。
そうなのに、ブルーライトをカットしてくれるソフトでディスプレイ自体の色が変わってしまうことは、いけないわけなんですね。

一般のPCユーザにはブルーライトカットのフリーソフトはもう必須だと感じています

管理人の場合はWEBのお仕事を家でも会社でもしておりますが、デザインを扱わない範囲のWEBのお仕事をしています。
それは、例えばわかりやすくいうとプログラミングやマーケティングなどなどをお仕事にしているからなんです。
なので、ディスプレイの色はそこまで気にすることはないのです。
※厳密いうと若干の色の確認などは必要なんですがね、、

管理人がオススメするブルーライトカットしてくれる無料のソフトは「f.lux」というソフトです。
https://justgetflux.com/

こちらからダウンロードできるのですが、外国のサイトです。
不安がらずにそのままインストールしてみましょう。
設定の仕方も簡単なのでぜひ試してみてくださいね!

 

関連記事-あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します

このサイト「生活ワザLOG」の管理人

  • ワザ夫
  • 趣味→WEB制作・音楽・フェス・キャンプ・アウトドア

昭和50年台生まれ。現在、共働き家庭で子育て中です。
妻は30代の営業マン、子供は保育園に通っている2017年生まれの男の子。

仕事は様々なバイトをしたのちに、WEB業界で10年ちょい働いており、主にWordPressを含んだコーディング業務を長い間しておりました。

現在はとある不動産会社でWEBの担当者

最近、「WEB解析士」という資格を取りました。
https://www.waca.associates/jp/wac/about/
現在無料でサイト制作を請け負います。
詳しくはコチラ

ワザ夫 Twitterの画像 facebookの画像 RSSの画像