会議で緊張しても安心!緊張対策3つの方法

  • カテゴリ:プレゼン
  • 投稿日:
  • 最終更新日:

タグ:

  • ・#ストレス・フリーに近づく小ネタ
  • ・#実体験
  • ・#社会人を生き抜く!意外な小ワザ

この記事は約1分で読めます。

会議中の写真

会議は慣れないと緊張しますよね!管理人も未だに慣れないです。基本的なスタンスは、別に最悪死ぬ事はないから大丈夫と言い聞かせている管理人です(笑)

管理人の会議経験中、有効だった緊張対策を3つご紹介します。

体を固定する

体の震えなどの対策は必要です。不本意に手が震えたりしませんか?
その時、何かノートを脇に抱えながら話すか、腕にノートなどを乗せて抱え込むようにして、話してみましょう。

あら不思議、体や手の震えが止まってくると思います。
これは、体の一部を力で固定できるようにして、無理やり体をこわばせることで震えが止まるのではないのか?と思います。

他人が話している場合、相手もあまり話し慣れてないせいか緊張で体が震えていたり、紙を持つ手が尋常じゃなく震えている人をみたことないですか?
こういった震えを起こさないために管理人が工夫して考えた体の震え対策でした。

意外と有効です。ぜひ試してみてください。

とりあえず、落ち着こう!深呼吸

なんだ、深呼吸か!と思ったそこのあなた。

深呼吸は侮れません。自律神経をコントロールする唯一の方法だと言われています。
なので、緊張する会議の場にはもってこいの方法です。

実際に会議で緊張して動悸などしている時に深呼吸をすると自然と動悸も収まってきます。
騙されたと思って試してみてください。

ちなみに深呼吸の方法はそんな難しく考えなくてよいです。
ただ、吸う吐くの呼吸をゆっくり長く行うのがポイントだと思います。

小指の爪の付け根を刺激する

緊張のしすぎで体調が悪くなった方へは小指の爪の付け根を刺激することをおすすめします。
これも不思議と気分が落ち着いて、緊張も多少ほぐしてくれるんですよね。

しかも、背中や顔などのツボではなく、手のツボなので、会議中の座っている間にツボを刺激でき他の人に不審がられないメリットがあります。

関連記事-あなたが興味のありそうな関連記事をご紹介します

このサイト「生活ワザLOG」の管理人

  • ワザ夫
  • 趣味→WEB制作・音楽・フェス・キャンプ・アウトドア

昭和50年台生まれ。現在、共働き家庭で子育て中です。
妻は30代の営業マン、子供は保育園に通っている2017年生まれの男の子。

仕事は様々なバイトをしたのちに、WEB業界で10年ちょい働いており、主にWordPressを含んだコーディング業務を長い間しておりました。

現在はとある不動産会社でWEBの担当者

最近、「WEB解析士」という資格を取りました。
https://www.waca.associates/jp/wac/about/
現在無料でサイト制作を請け負います。
詳しくはコチラ

ワザ夫 Twitterの画像 facebookの画像 RSSの画像